犬 を飼う際の心構え | 豆柴の里摂州宝山荘
犬を飼う際の心構え

HOME

摂州宝山荘見学予約

豆柴犬について

豆柴犬情報局

豆柴犬のご購入

コンテンツ

会社案内

豆柴専門ブリーダー

豆柴についてのコラム

摂州宝山荘

摂州宝山荘

LINEで送る

犬を飼う際の心構え

 
当犬舎の豆柴 子犬画像 こちらでは、犬をペットとして飼う際の心構えについてご紹介致します。

■犬が飼える環境なのか確認しましょう

まず、犬を飼う際の心構えとして、犬が飼える環境なのかを確認しましょう。住まいがアパートやマンションの場合だと、ペットを飼うことを禁止している場合があります。

また、密集した住宅地であれば、犬が吠えることが原因で近隣トラブルになる可能性も考えられます。そのため、ペットとして犬を飼うなら、環境を確認することが大切です。

■犬に関する知識を身につけましょう

同じ命ある生物であっても、人間と犬は異なる生物です。そのため人間には害がなくても犬が口にすることで、命の危険にさらされる食べ物は多くあります。

  1. ニラ
  2. タマネギ
  3. ニラ
  4. ニンニク
  5. チョコレート
  6. コーヒー

こういった物が代表例で、犬に関する知識を身につけておくことは犬を飼うことにおいて非常に大切です。 豆柴の直販を行っている当舎の別ページでは、豆柴を飼う際に知っておきたい病気や、犬のしぐさ・行動などの知識をご紹介していますので、是非ご覧になって犬に関する知識を身につけましょう。

■いつまでも可愛がってあげてください

独立性が強いを除き、大抵の犬は寂しがりで一人ぼっちにされるのが嫌いです。したがって、動物病院やペットホテルに預けた際には、病気になったり餌を食べなくなったりすることもあります。 犬は群れで生活する習性がありペットとして飼われたい場合、その家族が犬にとっての「群れ」となりますので、家族がいない状況はとても辛いのです。そのため、あまり一人ぼっちにせずに、いつまでも可愛がってあげてください。それが犬にとっての喜びであり、幸せな瞬間なのです。

その他にも、犬を飼う際の心構えはいくつかございますが、特に大切な心構えをご紹介しました。 是非上記の心構えを知識として覚え、ペットと楽しい日々をお過ごしになってください。
 

前←  子犬を飼うメリット               豆柴を飼う際に知ってておきたい病気 →次

ご質問、見学予約、購入申し込みなど

pagetop