ワンちゃんと安全・快適な散歩を楽しもう | 豆柴の里摂州宝山荘
ワンちゃんと安全・快適な散歩を楽しもう

HOME

摂州宝山荘見学予約

豆柴犬について

豆柴犬情報局

豆柴犬のご購入

コンテンツ

会社案内

豆柴専門ブリーダー

豆柴についてのコラム

摂州宝山荘

摂州宝山荘

LINEで送る

ワンちゃんと安全・快適な散歩を楽しもう

初めてワンちゃんと暮らす場合、しつけ・マナーを覚える必要があります。こちらではワンちゃんとの散歩で気をつけたいポイントをご紹介します。

■散歩の必要性

小型犬ブームの現在、小型犬には散歩の必要がないと言われることがあります。それは正しくない情報と言えます。家の中で一生を過ごすことはワンちゃんにとってストレス以外の何物でもないのです。ワンちゃんは散歩の中で目・耳・鼻を使い、たくさんの刺激を脳へ与えたり、社会性を学んでいきます。ストレスや運動不足を解消する意味でも、散歩はワンちゃんに必要なのです。

■リーダーウォークをしつけよう

最近は自由に伸縮するリードで散歩する飼い主様も多く見られます。ワンちゃんが自由気ままに動ける反面、通行人や他のワンちゃんに飛びかかる、拾い食いするといったトラブルを招く恐れがあります。ワンちゃんの安全を確保するためにも、リーダーウォークを身につけることが大切です。リードが軽くたるんだ状態で、ワンちゃんを飼い主様に寄り添って歩かせることが理想的なリーダーウォークです。日頃からリーダーウォークを訓練し、安全・快適な散歩を楽しみましょう。

■排泄物の処理は忘れずに

ワンちゃんとの散歩で、フンの片付けは最低限のマナーです。しかし、残念なことにフンを片付けず、そのまま放置する方も少なくありません。不愉快に感じさせるだけでなく、フンに含まれる細菌・ウイルスが他のワンちゃんに感染する可能性もあるのです。散歩中にフンをした場合はティッシュや新聞紙などで拾い、速やかに水で洗い流しましょう。

■ノーリードはマナー違反

ワンちゃんを束縛していると感じ、公共の場でリードを外して散歩をする方が増えているようです。リードはワンちゃんの安全を確保する大切なアイテムです。ノーリードによって道路に飛び出して事故に巻き込まれたり、他人にケガを負わせる可能性もあります。また、リードから手を離して散歩させる行為も、マナー違反に当たるので注意が必要です。

ワンちゃんを飼いたいがどこで買うか迷っている場合は、豆柴犬専門ブリーダーの当舎のご利用をおすすめします。当舎では健康で元気な豆柴犬の子犬の販売を行っております。子犬の見学や販売価格、しつけなどに関する質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

前← ワンちゃんのしぐさ・行動について               悪徳ブリーダーに注意しよう →次

ご質問、見学予約、購入申し込みなど

pagetop